社員証の価格を知ること

8th 9月, 2014 - Posted by admin - No Comments

社員証も今はかなり機能が良いものが増加をしてきています。価格も高くなっているので、大切に扱わなければいけないという意識も高まってくることがあるのです。性能が高いものであれば、勤怠管理を行うことができたり、入館をする際のIDカードとしての役割を果たすことが出来るようになっているので便利なのです。正社員に配布されることが多く、派遣社員など作成されないこともあります。その場合の入館などの管理はどのように行っていくと良いのかということも考えておくのです。ある程度高額になってしまうこともあるので、大切に取り扱わなければいけないということもしっかり通知をしておくことが必要です。再発行の際にも高額な費用がかかってくることもあるので、しっかりと把握をさせておくことも必要となってくるのです。高度なものであればコストもかかるのです。

社員証の価格はおいくらくらいなのだろうか?

大手企業はもとより、小規模の企業でもセキュリティの為に社員証を発行する所が増えています。デザインは普通のプラスチックの物に会社名とその社員の名前や顔写真を載せてあるものから、裏面に磁気ストライプがついているもの、接触型や非接触型ICカードまで様々な種類のものがあります。これによって社員の身分を明かす役に立ったり、ロックされたドアを解除したり、社員食堂での買物の決済につかえたりするわけです。こういった便利な社員証の価格は大体お幾らくらいだと思いますか?大体は1枚2千円程なのですが、社員が増えるにつき、1枚辺りの単価は下がっていきます。複雑なカードになると1枚あたりの単価がややアップいたします。社員証は専門業者にて大体3日ほどで完成して納品されます。勿論少人数の企業の場合も考慮して1枚からの受注が可能ですが、ご注文に際しては社名入りか学校名の押印がされた注文書にての発注が好ましいでしょう。

一般企業で配布されている社員証の価格を調べるなら

一般企業では、だいたいの会社で働いている社員に社員証を持たせています。それによって簡単に個人を特定する事が出来るため、セキュリティ関連のコンプライアンスも強化する事が出来ます。もちろんそれらを作成するのは無料ではなく、きっちりとコストが掛かっています。どれくらいの価格のものを依頼するのか、その辺を早い段階で会社側としてもはっきりとさせておく必要があるのです。今ではそういったカード作成のオーダーもオンラインショップから簡単に行う事が出来る様になっています。社員証と一言に言っても今では色々あり、カード状のものがあれば中にはコインのような形をしたものもあります。特殊な機能があって、キーカードの役割を担っていたり、本人確認の為のあらゆる機能が詰まっていたりして、割とハイテクだったりします。そういったものを作成するにはコストも割高になるので、良く検討をした上で決めるようにしたいところです。