「SFA利用したいけど、よくわからない・・」そんな方はまず一度、当サイトをご覧ください!あなたの知りたい情報がきっと見つかります!

ドリーム・アーツ

ドリーム・アーツのSFAも検討できる比較サイト

「ドリーム・アーツ」が提供するSFAは、これまでの営業支援システムの枠を超え、製造やサポート、そして経営部門などの各セクションにも包括的に対応し、優れたシステムになっています。その検討や比較を行いたい時は、営業支援ツールの比較サイトが最適です。

さらに「ドリーム・アーツ」のSFAはスマホやタブレットに対応することで、パソコンに頼らない営業活動を実現してくれます。営業先の現場でも柔軟に対応できるようになりますと帰社も不要ですから、非常にスピーディーな営業活動が可能になります。そのような魅力的なシステムも詳しく案内されていますので、営業力を強化するSFAを検討することができます。

営業活動をITで管理する為に新規でSFAを導入する場合は勿論、現在既にSFAを導入済の場合でも、一歩先行く新しい改革的なSFAの導入を検討している場合では、有益情報を満載する営業支援ツールの比較サイトが役立ちます。

口コミ情報

59歳 男性

ドリーム・アーツは、1996年に設立されたソフトウェアの開発を主とする株式会社です。代表的な製品は、企業情報ポータル型グループウェアやウェブのデータベースなどのソフトウェアを開発しています。ソフトウェアの開発のほかにも企業や組織に向けた製品の企画、開発や販売を行っています。情報系システムをオールラウンドするソリューションを提供しています。ドリーム・アーツを活用するメリットはさまざまな面でカスタマイズが行えるところにもあります。

ドリーム・アーツの製品は独自なポリシーによって、利用者が求めている個別のカスタマイズが可能である点が魅力です。ソフトウェアの製品に変更を加えることなく、柔軟に対応が可能です。ソフトウェアの特徴として設定の項目が豊富であり、個別ごとに使いやすい状態を実現させられます。

ドリーム・アーツの魅力的なソフトウェアのカスタマイズは、簡易な設定から高度な連携や要望に応じてカスタマイズで実現させる以外にも、その後のバージョンアップもスムーズに行えるメリットがあります。ユーザーが自分の目的や好みに合わせた設定の調整が可能であったり、変更の依頼を受けたシステム管理者が個人では難しい部分の全社や部署などの機能の設定も可能です。ドリーム・アーツはこうしたユーザーの気持ちになったカスタマイズが魅力です。


39歳 女性

ドリーム・アーツを導入するにあたって何がポイントにするといいのでしょう。結局、企業で大切なのは営業力アップです。そのために何が必要になってくるかを検討して導入を考えましょう。営業力を強化するためには自律と管理です。営業の働き方を重視して採用するようにしましょう。さらに営業のスティタス機能もチェックしておきましょう。文字・数字などの定量情報だけでは相手のニーズに応えることができないからです。結局、相手が何を求めているのか、その点がはっきりできるほうがいいでしょう。

それにテーマごとのキーマンなど、商機をつかまなくては会社が大きく成長しません。営業で知り得る一次情報や所感をいち早く、相手と共有することでフォーメーションや投資の強化ができるというモノではないでしょうか。

ただ、営業情報の管理を徹底すると社内がパソコンに拘束されるというデメリットがあるわけです。パソコンは便利なツールですが、その道具に使われてはいけないということです。結局、パソコンに働き方を制限されない営業活動の仕組みが不可欠になります。ドリーム・アーツが提供する営業力強化は対応スピードと受注確度が上がることです。なので、沢山のユーザーに支持されているのでしょう。